金子勝が解く世界・日本の〝悩みのるつぼ”

  • 金子講師
  • 金子 勝(立教大学大学院特任教授)
講師詳細

中国を始め、新興国のバブルがはじけ、弊害がひどくなる金融緩和策、日本帰属が消え北方4島返還・・・。世界、日本はどうなるのか、出口はあるのか。討論テレビ番組「朝まで生テレビ!」の論客、経済学者が世界、日本が抱える難題をわかりやすく解き明かし、ズバリ、打開策を示す。

残席わずか
日程
2019/11/7
曜日・時間
木曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 3,850円
設備費(税込)
165円

講師詳細

金子 勝(カネコ マサル)
1952年生まれ。茨城大学、法政大学を経て現職。専攻・研究領域は財政学、地方財政論、制度経済学。冷戦後の世界経済のグローバル化と新自由主義的傾向を早くから批判し、セーフティネットワークの重要性を指摘するなど、活発な言論活動、執筆活動を展開している。著書に『市場と制度の政治経済学』(東京大学出版会)、『反グローバリズム』(岩波書店)、『市場』(岩波書店)、『セーフティネットの政治経済学』(ちくま新書)、『反経済学』(新書館)、『長期停滞』(ちくま新書)、『財政崩壊を食い止める』(共著・岩波書店)、『逆システム学 市場と生命を解き明かす』(共著・岩波書店)、『閉塞経済』(ちくま新書)、『世界金融危機』(共著・岩波書店)などがある。