• 見学可

【オンライン受講】民主主義の理想と現実
  • 教室・オンライン同時開催

  • 小澤講師
  • ハンムラビ法典
  • プラトン
  • 小澤 克彦(岐阜大名誉教授)
講師詳細

近代以降人々は民主主義を「絶対に正しい政体」として信じているようです。ところがその内容たるや「国ごとに違う」ないし「人ごとに違う」とすらいえるような状態です。そもそも「民主主義」とは何なのか、それは何時、何処で、どんな内容のものとして言われ出したのか、そしてその後人類はどんな社会を作ってきて現代にいたったのか、そして今「我々は何処にいるのか」を探っていきます。
※途中受講可。1回ずつ個別の内容です。

【スケジュール】
1、 民主主義とは何か、その歴史的経緯
2、 そもそも「社会」とは「法」とは「国家」とは何なのか
3、 メソポタミア文明「シュメール法」と「ハンムラビ法典」の意味
4、 古代ギリシャ、ポリス社会と民主制確立の道
5、 ソクラテスによる「市民法」の思想。
6、 プラトンの『国家論』の政体論の意味。
7、 アリストテレスの「社会的動物」と「政体論」。
8、 「ローマ共和制」と「皇帝など存在しないローマ帝国」
9、 中世カトリック世界の「封建制」と「絶対王政」。
10、 社会契約論の思想史
11、 近代民主主義の基盤「ルソー」の社会論
12、 現代社会の在り方と展望

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使った、オンラインでも受講できる講座です(講師は教室へ出講)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は朝日カルチャーセンター名古屋(052-249-5553)までお問合せください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は052-249-5553までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はzoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室へ出講)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、朝日カルチャーセンター名古屋052-249-5553までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/4/7, 4/21, 5/19, 6/2, 6/16, 6/30, 7/7, 7/21, 8/4, 8/18, 9/1, 9/15
曜日・時間
第1・3 木曜 13:00~14:30
回数
12回
受講料(税込)
会員 30,360円 
設備費(税込)
1,980円
その他
5月5日はお休み、6月30日に振替です。

講師詳細

小澤 克彦(オザワ カツヒコ)
東京都出身。東京都立大学大学院、哲学専攻博士課程満期退学。現在、岐阜大学名誉教授。専門領域「哲学、思想史、神話・宗教、宗教文化史」。現地主義を徹底し、毎年のように西洋・中東を探訪している。