名刀「山姥切国広」の謎を解く ~本作長義≠山姥切国広

  • 刀 銘 本作長義(以下58字略) 徳川美術館蔵
  • 原 史彦(徳川美術館 学芸部 部長代理)
講師詳細

武将・長尾顕長所持の名刀「本作長義」(徳川美術館蔵)を刀匠・堀川国広が写したのが「山姥切(やまんばぎり)国広」。だが、尾張徳川家が入手した「本作長義」が本来の「山姥切」とされるように。真偽は?

会場は朝日ホールとなります。スカイルではありませんのでご注意ください
http://bit.ly/2kpGSeT

この講座は終了しました
日程
2020/3/28
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,410円
設備費(税込)
165円

講師詳細

原 史彦(ハラ フミヒコ)
東京学芸大学卒。東京都江戸東京博物館等の勤務を経て現職。江戸幕府政治史・大名文化史を専攻。金城学院大学非常勤講師・東京大学史料編纂所附属画像センター共同研究員を兼務。