かねさんの考古学推理帖 ~弥生殺人事件
  • 教室開催

  • 兼康講師
  • 兼康 保明(東海学センター理事)
講師詳細

弥生時代の人骨には矢じりなどが刺さったものがあります。これらは戦死者として扱われてきましたが、中には矛盾するものが存在します。戦死者と思えない人骨を実地検証し、殺された司祭者として考えてみましょう。もしかしたら卑弥呼も呪力が衰えて殺されたのかもしれません。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2021/9/18
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,190円
教材費(税込)
教材代 110円
設備費(税込)
165円

講師詳細

兼康 保明(カネヤス ヤスアキ)
神戸市生まれ。関西大文学部史学科卒業。滋賀民俗学会理事、山の考古学研究会会員。著書に「考古学推理帖」(大巧社)「信仰の山を旅する」(近江文化社)など。