毘沙門天像を極める ~日本の古寺美術への旅

  • 毘沙門天像
  • 小野 佳代(東海学園大准教授)
講師詳細

奈良国立博物館では、2020年2/4~3/22の期間、特別展「毘沙門天―北方鎮護のカミ―」が開催されます。この展覧会は、近年、発見が相次いでいる毘沙門天に注目し、未紹介の作品のほか、選りすぐりの毘沙門天像が出品される予定です。この機会に毘沙門天の魅力に触れてみませんか。本講座では、出品予定の毘沙門天像を中心に、美術史的特徴(技法・構造・様式)や最近の研究動向等を分かりやすく解説します。

お申し込み
日程
2020/3/7
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,300円
設備費(税込)
165円

講師詳細

小野 佳代(オノ カヨ)
1971年生まれ。博士(文学)。早稲田大学大学院博士課程修了。専門は仏教美術史・日本彫刻史。早稲田大学高等研究所・助教、准教授を経て、現在東海学園大学准教授。春日井市文化財保護審議委員。著書に『興福寺南円堂と法相六祖像の研究』(自著、中央公論美術出版)、『興福寺-美術史研究のあゆみ-』「興福寺の鎌倉彫刻」(共著、里文出版)などがある。