芸術鑑賞入門 芸術の中の「猫」
  • 教室開催

  • 江本菜穂子講師
  • 「バステト」ルーブル美術館蔵
  • 江本 菜穂子(名古屋造形大学名誉教授)
講師詳細

西洋美術にはさまざまに表現された動物たちが登場します。その中から、今回は「猫」に注目して作品をみてみましょう。思いもしないところに描かれている「猫」に画家がこめた意味があったなんてと意外なことが解ります。2回にわたって絵画の中の猫の表現を歴史的な流れや意味、エジプトの猫や最後の晩餐の猫等、さらにはマネの作品に登場する「黒猫」などの意味などをとりあげます。 (講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2022/7/27, 8/24
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 7,040円 
教材費(税込)
教材代 110円
設備費(税込)
330円

講師詳細

江本 菜穂子(エモト ナホコ)
美術史家。名古屋大学大学院博士課程後期満期単位取得退学。
専門は近代西洋美術史。特に西欧世紀末絵画から20世紀初頭の絵画、
時代と文化の関係等研究。美術評論も手がける。