(エジプト学) ツタンカーメン王とその時代 アマルナ時代

  • 河合望先生
  • ツタンカーメン王の黄金のマスク
  • 河合 望(金沢大教授)
講師詳細

20世紀の考古学における最大の発見と言われたツタンカーメン王墓。それは、あまりにも有名であり、現在でも王墓や副葬品に関する新たな発見が続いています。一方、ツタンカーメン王の生きた時代については、これまであまり研究が進んでいませんでした。講師は、近年の研究の成果をまとめ、古代エジプト史における新たな「ツタンカーメン像」を描き出そうとしています。本講座では、ツタンカーメンが王子時代に大きな影響を受けた、父アクエンアテンが導入したアマルナ宗教革命の時代からツタンカーメン王の死後にわたる新王国時代第18王朝末の激動の時代について講師自身の最新の研究成果を交えて解説します。(講師記)

お申し込み

注意事項

2コマ講座で、途中休憩あります。
★3回通しでエジプト学を受講されると受講料がお得です!この機会にぜひ通しでご受講ください。

日程
2020/11/29
曜日・時間
日曜 13:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,040円 一般 7,590円
設備費(税込)
165円

講師詳細

河合 望(カワイ ノゾム)
1968年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。米国ジョンズ・ホプキンス大学大学院近東研究科博士課程修了(Ph.D.)。早稲田大学高等研究所准教授、カイロ・アメリカン大学客員教授等を経て、2016年より金沢大学新学術創成研究機構准教授を経て現職。約30年にわたりエジプト現地での発掘調査や保存修復事業に従事。専門、エジプト学。とくに新王国時代の歴史と考古学を専門とする。著書に『ツタンカーメン 少年王の謎』(集英社)、共著書に『エジプト王家の谷・西谷学術調査報告書〔I〕-アメンヘテプ3世王墓(KV22)を中心 として-』(中央公論美術出版)など、共訳書に『一冊でわかる 古代エジプト』(岩波書店)がある。