Vol.2 金子勝が解く世界・日本の”悩みのるつぼ”

  • 金子勝講師
  • 金子 勝(立教大学大学院特任教授)
講師詳細

緊迫する中東情勢、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業に絡む汚職事件・・・・・・、世界・日本はこのままでよいのか、現状をえぐり出し、処方箋(せん)を示す。
※こちらは朝日カルチャーセンター名古屋教室にお越し頂いてオンライン講座を受講いただく形の申し込みページです。

ご自身のスマホ・PCからご受講いただく場合のオンライン受講お申し込みページはこちら→https://bit.ly/32j2dhZ

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

4/8開講予定でしたが、7/22(水)に日程変更、オンラインでのご出講となりました。

日程
2020/7/22
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 3,960円
設備費(税込)
165円

講師詳細

金子 勝(カネコ マサル)
1952年生まれ。茨城大学、法政大学を経て現職。専攻・研究領域は財政学、地方財政論、制度経済学。冷戦後の世界経済のグローバル化と新自由主義的傾向を早くから批判し、セーフティネットワークの重要性を指摘するなど、活発な言論活動、執筆活動を展開している。著書に『市場と制度の政治経済学』(東京大学出版会)、『反グローバリズム』(岩波書店)、『市場』(岩波書店)、『セーフティネットの政治経済学』(ちくま新書)、『反経済学』(新書館)、『長期停滞』(ちくま新書)、『財政崩壊を食い止める』(共著・岩波書店)、『逆システム学 市場と生命を解き明かす』(共著・岩波書店)、『閉塞経済』(ちくま新書)、『世界金融危機』(共著・岩波書店)などがある。