イギリス風景画家の巨匠~コンスタブルとターナー

  • 江本菜穂子先生
  • ジョン・コンスタブル「フラットフォードの製粉所(航行可能な川の情景)」 ©Tate
  • 江本 菜穂子(名古屋造形大特任教授)
講師詳細

19世紀のイギリスが誇る風景画家ジョン・コンスタブルの展覧会が、日本で開催されます。日本での展覧会は35年ぶりです。展覧会の作品を中心にしながら、コンスタブルの絵画に触れてみましょう。故郷の田園風景や、彼が力を注いだ雲の表現、何気ない自然への慈しみなど、イギリスロマン主義の代表画家の表現を風景を通して鑑賞しましょう。

ターナーは風景画家でありながら、花々や木々のようなモティーフではなく、視点の先にあったものは吹き渡る風や煙や靄であり、なによりも光だった。地誌的風景から出発して、歴史的風景画に、そして次第に形のない大気を見つまていく。そうした展開を作品から鑑賞しましょう。

(講師記)

お申し込み

注意事項

※開催曜日が変わりますので、ご注意ください。
 月曜日⇒水曜日

日程
2021/3/24, 3/31
曜日・時間
水曜 15:30~17:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 7,040円 一般 7,480円
設備費(税込)
330円

講師詳細

江本 菜穂子(エモト ナホコ)
美術史家。名古屋大学大学院博士課程後期満期単位取得退学。
専門は近代西洋美術史。特に西欧世紀末絵画から20世紀初頭の絵画、
時代と文化の関係等研究。美術評論も手がける。