インダス文明の都市と社会

  • 上杉彰紀先生
  • ファルマーナー遺跡の居住空間
  • ファルマーナー遺跡出土の印章と封泥
  • 上杉 彰紀(金沢大特任准教授)
講師詳細

インダス文明は前2600〜前1900年頃に現在のパキスタンとインド北西部に栄えた都市文明です。都市の存在に加えて、独特のインダス文字や整備された度量衡などがその高度に発達した社会の姿を物語っています。この講座では、インダス文明の都市社会の特徴について紹介するとともに、それがどのようにして興り、衰退したのか、またのちのインド文明とどのように関わっているのかお話ししたいと思います。(講師記)

お申し込み
日程
2020/5/10
曜日・時間
日曜 15:45~17:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 3,740円
設備費(税込)
165円

講師詳細

上杉 彰紀(ウエスギ アキノリ)
1971年生まれ。大阪出身。
学歴:関西大学博士課程後期課程修了。博士(文学)
総合地球環境学研究所プロジェクト研究員、関西大学文学部非常勤講師、関西大学研究推進部非常勤研究員を経て、現在金沢大学国際文化資源学研究センター特任准教授
専門:南アジア考古学