• 見学可

もう一度学びたい「古典」のいろは ~高校教科書を使って

  • 『宇治拾遺物語』より「御堂関白殿の犬」岳亭春信画
  • 近藤講師
  • 近藤 早苗(元高校教師・「大人のための国語塾桜」主宰)
講師詳細

昔、教科書で学んだ古典。10代で読んで、それっきりではもったいない…。古典は人生経験を積んでから読んだ方が、ずっと深く味わえて面白く感じられるものです。
高校の教科書を使って、色々な作品を幅広く楽しみましょう。
本年度は説話文学や故事成語など、やさしく楽しいものを中心に読みます。
百人一首を味わいながら、くずし字を読む練習もちょっとだけします。
学校のように文法はやりません。古典常識を学びなから内容を楽しむことをめざしますので、古典入門講座としてお勧めです。

※高校教科書2冊1,615円…事前にご予約願います。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/1/13, 1/27, 2/10, 2/24, 3/10, 3/24
曜日・時間
2・4 水曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 11,880円 
教材費(税込)
教材代 330円
設備費(税込)
990円

講師詳細

近藤 早苗(コンドウ サナエ)
名古屋大学文学部(国文学)卒業後、愛知県立高校に勤務。
「古典文学を大人と楽しみたい」と早期退職し、「大人のための国語塾 桜」を作り、「古典の魅力を伝えたい」と、名古屋市・東海市で活動中。
CBCラジオ「丹野みどりのよりどりっ!」にも「古典文学のたしなみ講座」の講師として出演。