忍者学入門! ~忍びの者の実像

  • 山田雄司講師
  • 山田 雄司(三重大学国際忍者研究センター副センター長)
講師詳細

近年忍者についての研究が進展し、これまでとは違った忍者のあり方がわかってきました。忍者は戦う集団ではなく、一番重要な職務は情報を収集してそれを主君に伝えることでした。 そして、忍術とは消えたり戦闘したりするための術ではなく生存のための術で、そこには当時最先端の技術が凝縮されていました。本講演では、忍者・忍術の実像、さらには現代の我々にも役に立つ術はあるのかということについて話したいと思います。

お申し込み
日程
2020/5/9
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,740円
教材費(税込)
-
設備費(税込)
165円

講師詳細

山田 雄司(ヤマダ ユウジ)
1967年静岡県生。京都大学文学部卒。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科史学専攻修了。博士(学術)。現在、三重大学人文学部教授。専門は日本古代・中世信仰史。著書に『崇徳院怨霊の研究』(思文閣出版)、『怨霊とは何か』(中央公論新社)、『忍者の歴史』(KADOKAWA)、『忍者はすごかった』(幻冬舎)、『忍者の精神』(KADOKAWA)などがある。