日本近世文学を読む~曲亭馬琴『南総里見八犬伝』

  • 三宅宏幸講師
  • 講師提供
  • 三宅 宏幸(愛知県立大准教授)

江戸時代の後期、『椿説弓張月』などのヒット作を生んだ曲亭馬琴は、その後『南総里見八犬伝』を出版します。約二十八年の歳月をかけて執筆された『八犬伝』は大変な人気を博しましたが、そこには作者馬琴の色々な工夫や苦労がありました。本講座では、『八犬伝』のいくつかの場面を取り上げて作品を読み込むとともに、執筆時の馬琴の環境や作品の制作過程などについても触れながら、『八犬伝』の作品世界を読み解きます。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/1/12, 1/19, 2/2
曜日・時間
火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,580円 
教材費(税込)
教材代 198円
設備費(税込)
495円