俳句のある生活 はじめて作る575
  • 教室開催

  • 講師句集
  • 杉浦 圭祐(朝日新聞京都俳句選者 俳誌「草樹」編集担当 現代俳句協会会員)
講師詳細

俳句の作り方や読み方、季語の世界を知ることで人生は豊かに変わります。「俳句」は、知れば知るほどおもしろいもの。俳句を始めてみたいと思う方、自分を表現してみたいと思う方、さまざまな季語や名句を学びながら、俳句を作ってみませんか。

兼題:10月 秋風、11月 手袋、12月 クリスマス

※10月の兼題「秋風」は事前にご用意いただかなくて大丈夫です。「秋風」の句を講座時間内に作り、提出いただきます。次回11月の講座日に「秋風」の講評を行います。初回は講座や作品の提出方法を説明いたします。
11月講座日には、兼題「手袋」または自由句を3作品お持ちください。12月講座日に講評します。
12月講座日には、兼題「クリスマス」または自由句を3作品お持ちください。1月講座日に講評します。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2022/10/11, 11/8, 12/13
曜日・時間
第2週 火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「文学実作―8」のちらしをご覧ください。
兼題:10月 秋風、11月 手袋、12月 クリスマス

講師詳細

杉浦 圭祐(スギウラ ケイスケ)
1994 年、中上健次主宰「熊野大学俳句部」で俳句と出会い、桂信子主宰「草苑」入会。2001 年、現代俳句新人賞受賞。現在、「草樹」編集担当、朝日新聞京都俳句選者、京都芸術大学非常勤講師。句集『異地』。