宗教改革とは何か 1回体験9/4 その歴史と思想

  • 村上 みか(同志社大学教授)
講師詳細

宗教改革がなぜ起こり、どのようにしてヨーロッパを揺るがす大きな出来事となったのか、その歴史的プロセスを学びます。具体的には、ルターの個人的な苦悩が聖書研究を通じて新しい神学へと展開し、そこからローマ・カトリック教会との対立を経て、プロテスタント教会の成立へと至った経緯を、政治史や社会史の視点も取り入れながらお話しします。

(3):教会について(聖書主義、修道院の否定、牧師の務め)

この講座は終了しました
日程
2019/9/4
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,024円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学★36」のちらしをご覧ください。

講師詳細

村上 みか(ムラカミ ミカ)
バーゼル大学神学部博士課程修了、神学博士(Dr.theol.)。現在、同志社大学神学部教授。 専門分野: 歴史神学、宗教改革史。著書に『ヨーロッパ宗教改革の連携と断絶』(共著、森田安一編、教文館、2009年)、『牧師とは何か』(共著、越川、松本編、日本基督教団出版局、2013年)他。