一字一句から読む『日本書紀』

  • 井上 満郎(京都市歴史資料館館長 京都産業大学名誉教授)
講師詳細

2020年は、『日本書紀』が成立してちょうど1300年です。この書物は日本の古代史を考えるための基本的な文献ですが、全体を通して読むことは専門家でもあまりありません。この講座では一字一句をゆるがせにせず、その背後にある歴史の姿を読み解きます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/8, 10/22, 11/12, 11/26, 12/10, 12/24
曜日・時間
第2週・第4週 火曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,840円 
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学★13」のちらしをご覧ください。
※10月22日は祝日営業いたします。

テキストは書店で各自お求めください。
「日本書紀(岩波文庫またはワイド版岩波文庫・全5冊)3」(岩波文庫・1,320円、ワイド版岩波文庫・現在絶版中)または「日本書紀(日本古典文学大系・全2冊)上」 (岩波書店・現在絶版中)

講師詳細

井上 満郎(イノウエ ミツオ)
1940年生まれ。京都大学卒。同大学院修了。奈良大学講師、京都産業大学助教授を経て現在に至る。著書「平安京再現」(河出書房新社)「古代の日本と渡来人」(明石書店)「桓武天皇」(ミネルヴァ書房)、ほか。