• 見学可

かな (日展顧問 日比野 光鳳)

  • 日比野 実(書家・花園大学教授)
  • 千田 満紀子
講師詳細

歴史のいぶき豊かな「京都のかな」を現代的に再構築し、完成度の高い制作を模索する本物志向のかな教室です。色紙から大字作品まで今出来うる、かなの魅力を全力投球で探ります。はじめての方には筆の持ち方からお教えします。安心してご参加ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/8/19, 9/2, 9/16
曜日・時間
第1・第3週 水曜 10:00~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,260円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
【持ち物】
太筆 、細筆 、墨。その他道具は手持ちのもので結構です。
※半紙で稽古し、料紙で仕上げます。練習用の半紙は特に問いません(にじみにくいもの)。
大字かな用の画仙紙は適宜講師より案内します。
※手本は日比野光鳳の手によるテキストを基本(教室にて領布)としますが、講師の直筆手本(無料)も折を見てお渡しします。
書道用具取扱:松楳園(京都市下京区柳馬場通仏光寺下ル TEL075-351-6380)
※新規受講の方には、講座初回に出張販売があります。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「書道★4」のちらしをご覧ください。

講師詳細

日比野 実(ヒビノ ミノル)
千田 満紀子(センダ マキコ)
1975年同志社大学文学部卒。文化学科文化史学専攻。日本書芸院評議員。読売書法展理事、水穂会総務。日展会友。京都書作家協会会員。