歩いて学ぼう!京都の歴史 院政期の鳥羽殿と平安宮

  • 山田 邦和(同志社女子大学教授)
講師詳細

2003年から14年間にわたって続けてきた「平安京・京都の歴史を歩く」を受け継ぎ、新たな視点から京都の歴史を見直すシリーズです。
院政の時代を象徴するのが、白河上皇が平安京の南郊に築いた大規模な離宮・鳥羽殿です。ここには院政の時代のエッセンスが詰まっています。鳥羽殿跡を訪れるとともに、その時代の平安宮の様相を考えてみましょう。
 8月 7日 【教室】 鳥羽殿の繁栄
 9月11日 【教室】 院政期の平安宮
10月 9日 【現地】 鳥羽殿跡をたずねる




この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

7月10日に、3月13日の補講を行います。

日程
2020/8/7, 9/11, 10/9
曜日・時間
金曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
※現地講座1回を含みます。

講師詳細

山田 邦和(ヤマダ クニカズ)
1959年生まれ。同志社大学文学部卒。同大学院文学研究科博士課程(前期)修了。平安博物館、古代学研究所、京都文化博物館、花園大学教授などを経て現職。