• 見学可

テンペラ画 ヨーロッパ古典技法を知る

  • 山根 須磨子(独立美術協会)

ヨーロッパの古典技法「テンペラ画」で素敵な作品を制作します。金箔や粉末絵具、全卵などを練り合わせて描きます。油絵との併用もできます。その他、マチエール(材質的効果)、技法についても手ほどきします。ヨーロッパ絵画は、フレスコ画からテンペラ画、油絵へと技法、材料が研究され、発展してきました。テンペラ画を知ると絵画への理解も深まります。
※初めての方は、初回からご受講ください、途中からの受講はできません。見学をおすすめします。
<カリキュラム>
① テンペラ画の歴史と特性、材料の紹介   板を使った下地作り-Ⅰ-  
  ※〈黄金背景〉と〈混合技法〉それぞれの技法に応じて進行が異なります。
②下地作り-Ⅱ-
③溶剤作り(生卵、油、樹脂を使用)、顔料(テンペラ用絵の具)、技法の説明、テンペラ絵の具の作り方、小品作成(下絵描き) 模写又は好きなモチーフ、金箔張りの下準備
④小品制作(彩色)   金箔張り、金泥の使い方
⑤小品制作(彩色)
⑥作品仕上げ、テンペラ画の応用について(金箔地、砂地、盛り上げ、油絵やアクリル画、その他の材料との混合使用等)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/14, 4/28, 5/12, 5/26, 6/9, 6/23
曜日・時間
第2週・第4週 水曜 13:00~16:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,160円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
毎回:講師指定の材料
テンペラキット(クサカベ)、ダンマルワニス55ml、サンシクンドリンシード55ml、テレピン55ml、防腐剤10ml、顔料ホルベイン(ビン入り)テールベルト、日本画用平筆2号・3号・4号、(長峰)面相筆・小、鉛筆ステッドラー5Hリセーブル200F10号、合成樹脂糊・小
※共同教材費約2,000円(3ヶ月分)を初回に教室内でいただきます。返金はできません。
※画材を揃えられない場合は事前に講師へお申し出ください。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「美術―3」のちらしをご覧ください。