• 見学可

はじめての短歌

  • 永田 淳(歌人)
講師詳細

これから短歌をはじめる方のためのクラスです。ことばの使い方や着眼点など、基本中の基本を学びながら、想いを31音で表現できるよう、やさしく指導します。短歌を詠むことで、日常生活に彩りが増し、人生をより豊かにしてくれることでしょう。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/15, 5/20, 6/17
曜日・時間
第3週 木曜 10:30~12:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
講座開始前に、次回の講座用作品(3首まで)提出してください。講座終了時に、「詠草集」を一部お取りいただき、次回講座日にお持ちください。
※指定の原稿用紙(受付で販売)をお使いください。原稿は、濃くハッキリ書いてください。名前は裏面にご記入ください。
※欠席の方は、講座前日必着で、郵送かFAX(075-255-4784)で提出してください。講座名、名前を明記してください。当日の「詠草集」を郵送希望の方はお申し出ください。郵送代、教材代の実費は後日いただきます。
※事前に提出できない場合は、次回講座日に受講人数分を用意して、当日追加資料としてお持ちください。当方でコピーする場合は実費(1枚20円)を頂きます。
※新規や再開の方は、講座日一週間前必着で作品を提出してください。
※教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。※設備費は、教室維持費です。

その他
窓口でお手続きされる方は、「文学実作-5」のちらしをご覧ください。

講師詳細

永田 淳(ナガタ ジュン)
1973年滋賀県生。永田和宏・河野裕子夫妻の長男。同志社大学卒。88年「塔」短歌会に入会。大学卒業後、雑誌記者を経て出版社を立ち上げる。2009年、第一歌集『1/125秒』(ふらんす堂)で現代歌人集会賞を受賞。他の著書にエッセイ集『家族の歌』(産経新聞出版、共著)など。現在「塔」短歌会、選者。「青磁社」代表。