日本古代史 万葉の時代 7/18(米田先生)  「柿本人麻呂」-挽歌(ばんか)に見る宮廷歌人の役割

  • 米田 雄介(神戸女子大学名誉教授)

万葉集は日本の古代史の一大宝庫であり、そこにはさまざまな謎が秘められています。日本古代史をこの万葉集を手がかりにして考察をくわえていくことにしたいと思います。

◇7月18日(3月7日延期分) 米田 雄介 神戸女子大学名誉教授
  「柿本人麻呂」-挽歌(ばんか)に見る宮廷歌人の役割
   柿本人麻呂が持統・文武朝の皇親たちとの別離・追憶を歌う中で、宮廷歌人とは何かを考える

お申し込み
日程
2020/7/18
曜日・時間
第1週・第3週 土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。


その他
受付でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学1」のちらしをご覧ください。