唐代の文学と歴史 ——詩と史

  • 木田 知生(龍谷大学名誉教授)
講師詳細

唐代(618-907)は中国文化を代表する時代でした。とくに文学作品の中には、今に至るまで愛読されている作品が少なくありません。本講座では、唐代の代表的な文学作品の中から詩を取り上げ、その作者の生涯に迫り内容を味わいます。唐詩を歴史の視点から読み込むのが本講座の狙いです。そのため、作詩の背景にあった歴史事実に注目し、その影響について考えます。詩の原文(中国語)と訓読読み下し、さらに関連史書の講読解説を行い、作詩に際しての作者の年齢・住まい・官職等に加えて、後世の評価についても概説します。唐代の著名詩人の作品をほぼ年代順(初唐・盛唐・中唐・晩唐の順)に読み進め、李白と杜甫、さらに白居易(白楽天)・李商隠などへと進みます。

第一回:概説と初唐期  唐詩を味読するために必要な教材について解説する。詩そのものを読むための文献と注釈書を取り上げ、その特色と難点を説明するほか、歴史背景理解のための歴史文献についても概説する。手始めに唐詩の中でも初唐期の名高い絶句・律詩数首を味読する。 王勃・楊炯・駱賓王等
第二回:盛唐期  李白等の絶句・律詩・古詩
第三回:盛唐期  杜甫等の絶句・律詩・古詩
第四回:盛唐期  王之渙・孟浩然・王昌齢・王維・張継等、その他の詩人たち
第五回:中唐期  日本でも良く知られた白居易(白楽天)の七言古詩「長恨歌」を読み込み、その歴史背景を探る。 柳宗元・元稹・李賀等
第六回:晩唐期  杜牧・李商隠・温庭筠・韋荘等

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

残席わずか
日程
2021/4/12, 4/26, 5/10, 5/24, 6/14, 6/28
曜日・時間
第2週・第4週 月曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 18,480円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

木田 知生(キダ トモオ)
京都大学大学院で東洋史学を学んだ後、北京大学歴史学系に留学し、中国古代史を研究し現在に至る。主な研究分野は唐代宋代を中心とした中国古代近世史、中でも主軸とするのは都市史・官僚史・文化史、および文献史料学。