【オンライン受講】地層は語る 21世紀の大地震を考える オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 講師によるイラスト
  • 寒川旭講師
  • 阪神・淡路大震災の噴砂
  • 寒川 旭(産業技術総合研究所名誉リサーチャー)
講師詳細

2022年3月に福島県沖でM7.4の地震が起きました。その後も各地で地震があり、3月末から京都府南部で地震が続いています。振り返れば1995年に阪神・淡路大震災、2011年に東日本大震災、近い将来には南海トラフで巨大地震が発生すると言われています。地震の多い現代の日本列島ですが、これと似た時代が平安時代前期(9世紀)にありました。868年に播磨国で大地震、翌869年の貞観地震で東北地方の太平洋沿岸に巨大津波が押し寄せ、887年には南海トラフで巨大地震が起きています。地震学に考古学的視点や研究手法を加えて解明しようとする「地震考古学」からのアプローチで、その第一人者である講師が、各地の文献資料や、遺跡で発見された地震痕跡をもとに、9世紀と比較しながら現代の地震活動を考察し、21世紀の大地震について考えます。
〈ご案内事項〉
・オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使い、京都教室で行う「地層は語る 21世紀の大地震を考える」講座をオンラインでご受講いただく講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日16:00頃までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline003@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline003@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用し、京都教室で行う「地層は語る 21世紀の大地震を考える」講座をオンラインでお聴きいただく講座です(講師は教室)。開講日の前日16:00頃までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline003@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/29
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

寒川 旭(サンガワ アキラ)
1947年生。東北大学理学部地学科卒業。東北大学大学院博士課程地学専攻修了(理学博士)。通商産業省工業技術院地質調査所入所、産業技術総合研究所主任研究員を経て、現職。主な著書に、「地震考古学」「地震の日本史増補版」(中公新書)、「秀吉を襲った大地震」「日本人はどんな大地震を経験してきたのか」(平凡社新書)、「歴史から探る21世紀の巨大地震」(朝日新書)。