人物でたどる日本の歴史 〜日本史を生きた人びとからのメッセージ〜

  • 湯山 ちいほ(元京都府立高等学校教諭)
講師詳細

かつて高校で学んだ日本史も、科学技術の進歩を背景に研究がめざましく進み、大きく進化(深化)してきています。その新しい日本史の研究成果に注目し、そのなかを生きた人物をとりあげ、かれらからの、今を生きる私たちへのメッセージをお伝えしたいと思います。この講座では、先史時代から現代までの、その時代を象徴する人物の人間性や生き方を学び、人間への理解を深めたい。それは、今をより豊かに生きる力となることでしょう。今期は、「人類の母」なる存在を求めて、原始・古代の人物について、探索の旅をご一緒にいたしましょう。世界史的な視野も持ちつつ…。

①10/15 人類の母を求め、「石のヴィーナス」(ヴィレンドルフのヴィーナス)、
         「縄文のビーナス」からのメッセージを聴く

②11/19 卑弥呼と壹与 日本の建国は、いつ誰によってなされたのか?
        箸墓古墳と『魏志』東夷伝倭人の条を読み解く

③12/17 皇極天皇(斉明天皇)とその子供たち(中大兄、大海人、間人)
         「『大化の改新』とは何であったのか?」を新しい視点でみる

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/15, 11/19, 12/17
曜日・時間
第3 火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学★1」のちらしをご覧ください。
参考図書として、『新詳日本史』(浜島書店・957円)をネット・大手書店などで各自でお買い求めください。

講師詳細

湯山 ちいほ(ユヤマ チイホ)
京都市出身。京都大学文学部史学科国史学専攻。京都府立高等学校教員を36年歴任。