古代国家成立の謎をとく(4月)・1回受講 『出雲国風土記』と出雲神話の考古学

『風土記』は『日本書紀』成立前に編さんの令がでた書物です。『古事記』『日本書紀』にはない独特の世界観で各地の地誌が描かれます。全国約60カ国の『風土記』が成立したようですが、良好に現存する『風土記』は5国しかありません。遺跡や発掘成果との対比を試み、地域勢力とヤマト王権の関係を検討・解説します。

『出雲国風土記』と出雲神話の考古学
天平五年(733年)提出の『出雲風土記』、編者や完成に至る多くの疑問があります。弥生時代から独自の文化を発展させた出雲、ヤマト王権に恭順するのは何世紀か?西出雲と東出雲の遺跡の動向からヤマト王権・物部氏・蘇我氏との関係をめぐる諸説を検討します。

この講座は終了しました
日程
2021/4/10
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
受講料には、資料代を含んでいます。
※設備費は、教室維持費です。