• 見学可

韓国の針仕事~ポジャギ

  • 作品の一例
  • 作品の一例
  • 兵惠 まゆみ(ポシャギ工房koe講師)
講師詳細

ポジャギとは、小さな端切れや古着も無駄にしないように李王朝時代から伝わる技法で布を継ぎあわせたパッチワークの1枚布です。本来日常に使うものですがその美しさから工芸品としても高く評価されています。ポジャギのほかに、その技法を用いて小物も作ります。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

残席わずか
日程
2020/7/10, 8/7, 9/11
曜日・時間
金曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
<教材・持ち物>
はさみ、糸切りはさみ、手芸用ボンド、へら、へら台、定規(透明なタイプで方眼線が入っているものが便利です)
※新規の方は、初回に教材費(針、糸付き)約3,700円を教室でお支払いください。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「工芸・手芸★15」のちらしをご覧ください。

講師詳細

兵惠 まゆみ(ヒョウエ マユミ)
2003年にインターネットで偶然見たポシャギに興味がわき、李京玉氏に師事。伝統的なものから日本人の生活の中に取り入れられる作品作りを目指す。