絵画で見る旧約聖書の世界

  • ミケランジェロの<ダヴィデ>彫刻と絵画
  • 門屋 秀一(立命館大学非常勤講師)
講師詳細

日本人にはあまりなじみのないユダヤ教(旧約)ですが、初期中世のカタコンベでは旧約の預言者達は隠されたキリスト教絵画の主人公として描かれて来たほど、西洋文化に根付いています。この講座では、旧約聖書の西洋美術を細部にわたって丁寧に見ていきます。今期は、紀元前千年頃に初めてイスラエル統一王国を築いたダヴィデ王にまつわる美術です。ダヴィデの曾祖母のルツ、少年ダヴィデ、ゴリアテとの決闘などを、旧約のテキストと美術で見ます。カラー資料を教材として、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

第1回 ルツとボアズ(アイエツなど)
第2回 サムエルに塗油されるダヴィデ(シャガールなど)
第3回 ゴリアテと戦うダヴィデ(ミケランジェロなど)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/6/3, 7/1, 8/5
曜日・時間
水曜 15:00~16:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※初回に教室内にて教材費を徴収します。(3回分・カラー版450円)
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学★22」のちらしをご覧ください。

講師詳細

門屋 秀一(カドヤ シュウイチ)
京都大学文学部卒業。京都大学博士(人間・環境学)。京都大学総合人間学部で日本学術振興会特別研究員PDとして研究に従事、ドイツ連邦共和国ベルリン・フンボルト大学に研究渡航。美学研究所設立。著書に『美術で綴るキリスト教と仏教』など。