【教室受講】朱子――戦う官僚哲学者 腐敗した政界に正義を貫く
  • 教室開催

  • 福谷彬
  • 福谷 彬(京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター助教)
講師詳細

「朱子学」の創始者として知られる南宋の思想家、朱子。現代では、朱子学は保守的な封建思想の代名詞のように理解されていますが、朱熹(しゅき・「朱子」はその尊称)の生きざまはそれとは真逆でした。高名な思想家だっただけでなく、腐敗した朝廷に革新を迫る開明的な官僚でした。彼が生きた南宋の時代は、外国の軍事的脅威の増大、民衆の困窮化、権力者への忖度とそれに伴う政治機構の空洞化など、現代の日本にも重なる様々な問題が噴出した時期でした。そのような時代にあって、朱子は、皇帝や直属の上司など、あらゆる権威に怯むことなく、民衆の窮乏と政府の腐敗を訴え、改革のための道筋を示し続け、彼の周囲には、彼の情熱に共鳴した有志の官僚たちが集まっていきました。「朱子学」とは、本来そうした政治改革の理念として発展したものでした。朱子は、病める瀕死の病人にまで譬えた宋朝をどのように改革しようとしたのでしょうか。朱熹と同じ時代を生きた人々は、彼をどのように見ていたのでしょうか。そうした観点から、中国哲学史、南宋期道学を専門とする研究者が「朱子学」を見直します。(オンライン講座を併設します)

【人文学への誘い~京都大学人文科学研究所協力講座】
京都大学人文科学研究所は、戦前に設立された東方文化研究所、西洋文化研究所と、旧京都大学人文科学研究所が合併し、1949年に京都大学の附置研究所として設置されました。アジア、ヨーロッパ、日本の文化に関する長い研究伝統を活かし、世界文化に関する総合的研究を行うことを使命とする、国内最大級の人文科学系研究機関です。

この講座は終了しました
日程
2022/2/12
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,420円 一般 2,420円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
※設備費は、教室維持費です。

その他
窓口でお手続きされる方は、「京大人文研―1」のちらしをご覧ください。

講師詳細

福谷 彬(フクタニ アキラ)
1987年東京都生まれ。京都大学博士(文学)。北京大学高級進修生、日本学術振興会特別研究員、京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター助教を経て、現在は京都大学人間環境学研究科准教授。主著に『南宋道学の展開』(2019年、京都大学学術出版会)。