【教室受講】絵画で見る新約聖書の世界
  • 教室開催

  • 手を洗うローマ総督(ティントレットなど)
  • 十字架を担うキリスト(ティントレットなど)
  • キリストの磔刑(ルーベンスなど)
  • 門屋 秀一(立命館大学非常勤講師)
講師詳細

西洋絵画の大部分を占めるキリスト教絵画。絵画の構図、色彩から聖書での位置づけ、シンボルまで分かりやすくご説明します。
ローマ総督ピラトはキリストへの罪を見出せませんでしたが、騒ぎ立てる群衆の求めに応じてキリストを磔刑に処する決定を下したあと、自分に罪なきことを示すため手を洗います。ゴルゴタの丘へ十字架を運ぶキリスト。やがて磔刑(たっけい)が行われるのでした。そうした残酷な場面でもとりわけイタリアの画家はキリストの崇高美を描こうとしました。  
後から見て復習できるカラー教材も配布いたします。
(オンライン講座を併設します)

①10月5日 手を洗うローマ総督(ティントレットなど)
②11月2日 十字架を担うキリスト(ティントレットなど)
③12月7日 キリストの磔刑(ルーベンスなど)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/kyoto/5aeb7bfa-acc7-703b-dd4b-62e0f33fe93b
・教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/10/5, 11/2, 12/7
曜日・時間
第1週 水曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※初回に教室内にて教材費を徴収します。(3回分・カラー版450円)
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学―13」のちらしをご覧ください。

講師詳細

門屋 秀一(カドヤ シュウイチ)
京都大学文学部卒業。京都大学博士(人間・環境学)。京都大学総合人間学部で日本学術振興会特別研究員PDとして研究に従事、ドイツ連邦共和国ベルリン・フンボルト大学に研究渡航。美学研究所設立。著書に『美術で綴るキリスト教と仏教』など。