【教室受講】西田幾多郎『善の研究』を読む 第4編「宗教」を中心に
  • 教室開催

  • 藤田正勝講師
  • 岩波文庫
  • 藤田 正勝(京都大学名誉教授)
講師詳細

西田幾多郎の『善の研究』(1911年初版発行)の第4編「宗教」を取りあげ、ていねいに読み解きます。西田は、「宗教」はわれわれの「生命そのものの要求に基づく」とも、「すべての人の心の底に潜んでいる」とも言います。また、それはわれわれの「生命の革新を求める」とも述べています。なぜわたしたちが生きていく上で「宗教」は不可欠なのか、どういう形でわたしたちの心の底に潜んでいるのか、わたしたちにどのような力を与えてくれるのか、宗教が求める「生命の革新」とは何か。そうした問いを手がかりとして、『人間・西田幾多郎―未完の哲学』ほか多数の著書がある哲学者と一緒に味わいましょう。
(オンライン講座を併設します。岩波文庫版の『善の研究』をテキストにします。事前に購入し、第4編「宗教」に目を通しておかれることをお勧めいたします)

(各回のテーマ)
① 10月23日 西田は宗教をどのように理解していたか(第1・2章を中心に)
② 11月 6日 西田とキリスト教神秘主義(第3章を中心に)
③ 12月11日 西田哲学と禅(第4章を中心に)
④ 12月25日 西田哲学と他力の信仰(第5章を中心に)

お申し込み
日程
2021/10/23, 11/6, 12/11, 12/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
4回
受講料(税込)
会員 14,960円 一般 14,960円
設備費(税込)
440円
持ち物など
※テキストとして、『善の研究』(岩波文庫:990円)を使用します。各自書店でお求めください。
その他に、当日の教室内でプリントを配布する場合は、実費をいただきます(1枚20円)
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「人とこころ―110」のちらしをご覧ください。
オンライン講座を併設します。

講師詳細

藤田 正勝(フジタ マサカツ)
1949年生。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。82年、ボーフム大学(西ドイツ)大学院博士課程修了。哲学博士(Dr.Phil.)。京都大学文学研究科、総合生存学館教授を経て、現在、京都大学名誉教授。専門は哲学、日本哲学史。著書に『若きヘーゲル』『哲学のヒント』『日本文化をよむ―5つのキーワード』『日本哲学史』『人間・西田幾多郎―未完の哲学』ほか多数。