維新の舞台をたどる 京都幕末史探訪 (教室講座と現地)
  • 教室開催

  • 木村武仁講師
  • 佐久間象山(霊山歴史館提供)
  • 江戸時代の貨幣(霊山歴史館提供)
  • 木村 武仁(霊山歴史館学芸課長)
講師詳細

京都は、維新の魁、檜舞台でした。洛中洛外の随所に、維新への足跡を伝える史跡、石碑が点在します。2回の教室講義に加えて、1回は歴史の舞台を実地に訪ね、秘められた幕末史を検証します。②と③の教室講座は、13:00~14:30にオンライン講座を併設します。
<各回のテーマ>        
①10/4「四条御池周辺の史跡を巡る」<現地>
岩国藩跡、対馬藩邸跡碑、武市半平太寓居跡、吉村寅太郎寓居跡、池田屋騒動跡碑、目付・海防掛 岩瀬忠震宿所跡碑、福井藩士・橋本左内訪問之地碑、坂本龍馬寓居跡碑(酢屋)、独身時代 お龍寓居跡碑、中井弘蔵寓居跡碑、彦根藩邸跡碑、土佐藩邸跡碑、土佐稲荷神社、坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地碑(近江屋跡)、福岡孝弟寓居跡、称名寺(門前のみ)、中岡慎太郎寓居跡碑、谷干城寓居跡、古高俊太郎寓居跡碑、村田煙管店跡(中村半次郎の恋人・村田さと住居跡)、土方久元寓居跡、岡本健三郎寓居跡など
②11月8日 教室講座「天下の師・佐久間象山の実像」
③12月13日 教室講座「幕末ふしぎ発見 江戸の暮らし 町人・農民編」

お申し込み
日程
2021/10/4, 11/8, 12/13
曜日・時間
月曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 一般 10,230円
設備費(税込)
330円
持ち物など
②11月8日 教室講座「天下の師・佐久間象山の実像」、③12月13日 教室講座「幕末ふしぎ発見 江戸の暮らし 町人・農民編」は、13:00~14:30に、オンライン講座を併設します。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学―6」のちらしをご覧ください。
①10/4「四条御池周辺の史跡を巡る」<現地>集合:午後1時:京都朝日会館前 岩国藩跡、対馬藩邸跡碑、武市半平太寓居跡、吉村寅太郎寓居跡、池田屋騒動跡碑、目付・海防掛 岩瀬忠震宿所跡碑ほか。

講師詳細

木村 武仁(キムラ タケヒト)
1973年京都生まれ。國學院大学文学部卒。現在、霊山歴史館(幕末維新ミュージアム)で学芸員を担当。専門は幕末・明治維新史。著書に「ようわかるぜよ!坂本龍馬」(京都新聞出版センター)、「図解で迫る西郷隆盛」(淡交社)など。