維新の舞台をたどる 京都幕末史探訪 (教室講座と現地)
  • 教室・オンライン同時開催

  • 新選組隊士名簿・英名録・霊山歴史館蔵
  • 木村 武仁(霊山歴史館学芸課長)
講師詳細

京都は、維新の魁、檜舞台でした。洛中洛外の随所に、維新への足跡を伝える史跡、石碑が点在します。そんな歴史の舞台を実地に訪ね、秘められた幕末史を検証します。
<各回のテーマ>
①4/5<教室>
「新選組幹部列伝 斎藤一、原田左之助、井上源三郎」劇場版「燃えよ剣」の公開を控え、新選組に注目が集まっています。今回は、新選組三番隊組長の斎藤一、十番隊組長の原田左之助、六番隊組長の井上源三郎の出自から幹部としての活躍を紹介します。

②5/10<現地>
「幕末・明治維新の天龍寺周辺史跡を巡る」禁門の変の時に長州藩の本陣の1つになった天龍寺や、長州藩士の刀傷が残る弘源寺、勤皇家として知られる幕末の女傑・村岡局(公家・近衛家の老女)の銅像などを紹介します。

③6/14<教室>
「武市半平太と土佐勤王党」土佐勤王党の盟主・武市半平太の生涯を中心に、土佐勤王党や岡田以蔵についても解説します。

この講座は終了しました
日程
2021/4/5, 5/10, 6/14
曜日・時間
月曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 一般 10,230円
設備費(税込)
330円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学―6」のちらしをご覧ください。
②5/10「幕末・明治維新の天龍寺周辺史跡を巡る」<現地>
集合:午後1時:阪急「嵐山駅」改札口  解散:午後3時頃:嵐山・渡月橋付近
天龍寺とその庭園(800円)、【特別公開】弘源寺・長州藩士の刀傷(500円)、野宮神社、竹林の道、大河内山荘(門前のみ)、村岡局像、角倉了以像など 
①4/5「新選組幹部列伝 斎藤一、原田左之助、井上源三郎」③6/14「武市半平太と土佐勤王党」の教室講座は、オンライン講座を併設します。 

講師詳細

木村 武仁(キムラ タケヒト)
1973年京都生まれ。國學院大学文学部卒。現在、霊山歴史館(幕末維新ミュージアム)で学芸員を担当。専門は幕末・明治維新史。著書に「ようわかるぜよ!坂本龍馬」(京都新聞出版センター)、「図解で迫る西郷隆盛」(淡交社)など。