日本古代史 万葉の時代 第四期 3/14

万葉集は日本の古代史の一大宝庫であり、そこにはさまざまな謎が秘められています。日本古代史をこの万葉集を手がかりにして考察をくわえていくことにしたいと思います。講師の先生方は、いずれもその道の権威であり、それぞれのテーマにそった興味深い話が受講生の皆様の眼前に展開されることと思います。
⑤ 3月14日 瀧浪 貞子 京都女子大学名誉教授
  「青によし奈良の都」-聖武天皇と光明皇后(しょうむてんのうとこうみょうこうごう)
   天平文化を支えた聖武天皇と光明皇后、史料を辿りながら二人の生涯に思いをはせてみませんか。

この講座は終了しました
日程
2020/3/14
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。


その他
受付でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学1」のちらしをご覧ください。