佛教と出逢う

  • 梶田 真章(法然院貫主)
講師詳細

日本人の多くは先祖教徒であり、家を守り、ふるさとを守ることが生き甲斐でした。佛教では家やふるさとなど特定の対象に対する「愛」こそが喜びの原因であると共に苦しみの原因であるとし、生きとし生けるものの上に拡がりゆく慈しみという「慈悲」の実践を説きます。佛教で生きてみられませんか。
①1月15日 親鸞聖人の言葉で学ぶ佛教 その1
②2月 5日 親鸞聖人の言葉で学ぶ佛教 その2
③3月 4日 一遍上人の言葉で学ぶ佛教

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/1/15, 2/5, 4/15
曜日・時間
水曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、「人とこころ★1」のちらしをご覧ください。

講師詳細

梶田 真章(カジタ シンショウ)
1956年生。法然院貫主。大阪外国語大学ドイツ語科卒業。境内の環境を生かして「法然院森の教室」をはじめ、法然院森のセンターが拠点の環境学習グループ「フィールドソサエティー」顧問。きょうとNPOセンター副理事長。NPO法人和の学校理事。共著に『京都法然院歳時記』(京都書院)『法然院』(淡交社)他。