古代エジプトの遺跡を訪ねて クレオパトラの都から王家の谷へ

  • 講師写真
  • ギザの三大ピラミッド
  • アブシンベル神殿
  • 宮本 純二(京都橘大学講師)
講師詳細

母なるナイル川の恵みに育まれて「古代エジプト文明」は長きにわたって栄華を誇り、人類の宝物ともいえる数々の遺跡を今に残しました。今回は、世界遺産に名を連ねる「ピラミッド」や「聖都テーベ・王家の谷」、「アブシンベル神殿」、そして、講師が調査に参加した「アコリス遺跡」などにスポットを当てながら、映像を駆使して「古代エジプト史へのロマンの旅」に出かけます。

<各回のテーマ>
第1回 クレオパトラの都・アレクサンドリア
第2回 ギザの三大ピラミッドとサッカラ 
第3回 アコリス・ベニハサン・アマルナ
第4回 カルナク神殿とルクソル神殿
第5回 王家の谷とメムノンの巨像
第6回 孤高の太陽神殿・アブシンベル

この講座は終了しました

注意事項

6ヵ月コースの講座です。

日程
2019/10/26, 11/30, 12/28, 1/25, 2/8, 3/28
曜日・時間
土曜 10:00~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 一般 17,160円
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学★42」のちらしをご覧ください。★教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。※日程にご注意ください。

講師詳細

宮本 純二(ミヤモト ジュンジ)
10年にわたって(財)古代学研究所のエジプト発掘調査に参加し、4千年前の木製模型船の復元などを担当。