絵画で見る新約聖書の世界 【教室受講】
  • 教室開催

  • ダ・ヴィンチ
  • 門屋 秀一(立命館大学非常勤講師)
講師詳細

展覧会、海外旅行でキリスト教絵画はよくわからないと思われたことはありませんか?それは知っていなければ見えてこない部分が潜んでいるからでしょう。この講座では、そうした初心者向けに絵画の構図、色彩、聖書、聖人伝説、象徴論などをわかりやすくご説明します。今期はキリストが大天使からの受胎告知とベツレヘムへ向かう聖母マリアとヨセフの絵画です。皆様のご受講をお待ちしています。(各回オンライン講座を併設します)
第1回 ルネサンスの受胎告知(ダ・ヴィンチなど)
第2回 さまざまな時代の受胎告知(カラヴァッジオなど)
第3回 ベツレヘムの人口調査(ブリューゲルなど)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2021/7/7, 8/4, 9/1
曜日・時間
第1 水曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※初回に教室内にて教材費を徴収します。(3回分・カラー版450円)
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

門屋 秀一(カドヤ シュウイチ)
京都大学文学部卒業。京都大学博士(人間・環境学)。京都大学総合人間学部で日本学術振興会特別研究員PDとして研究に従事、ドイツ連邦共和国ベルリン・フンボルト大学に研究渡航。美学研究所設立。著書に『美術で綴るキリスト教と仏教』など。