維新の舞台をたどる 京都幕末史探訪

  • 木村 武仁(霊山歴史館学芸課長)
講師詳細

京都は、維新の魁、檜舞台だった。洛中洛外の随所に、維新への足跡を伝える史跡、石碑が点在する。そんな歴史の舞台を実地に訪ね、秘められた幕末史を検証する。

<各回のテーマ>
第1回 近藤勇と新選組の謎(教室)
第2回 薩摩藩と西郷隆盛ゆかりの御所北周辺を歩く(教室)        
第3回 最後の将軍・徳川慶喜の実像​(現地)

お申し込み
日程
2019/10/7, 11/4, 12/9
曜日・時間
月曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 一般 8,910円
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学★2」のちらしをご覧ください。※日程にご注意ください。
11月4日は現地講座です。集合時間・場所などはちらしをご確認下さい。

講師詳細

木村 武仁(キムラ タケヒト)
1973年京都生まれ。國學院大学文学部卒。現在、霊山歴史館(幕末維新ミュージアム)で学芸員を担当。専門は幕末・明治維新史。著書に「ようわかるぜよ!坂本龍馬」(京都新聞出版センター)、「図解で迫る西郷隆盛」(淡交社)など。