【オンライン受講】なぜ平城京へ遷都したのか
  • 教室・オンライン同時開催

  • 大極殿南門
  • 市大樹先生
  • 市 大樹(大阪大学教授)
講師詳細

701年正月1日、藤原宮の大極殿に文武天皇が出御して、盛大な元日朝賀の儀が実施されました。『続日本紀』の編者は、「文物の儀、是に備れり」と絶賛しています。ところが、そのわずか4年後、突如として、新都(平城京)の建設に向かって舵を切ります。約30年ぶりに派遣された遣唐使が帰国した直後のことでした。遣唐使がみた唐の長安城を手がかりに、藤原不比等をはじめとする為政者が平城遷都にこめた狙いを探ってみます。
(教室講座に併設で行います)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline007@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline007@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話075-708-2385で

注意事項

本講座は【WEB割キャンペーン】の対象講座です。
WEB割料金でのお申し込みはこちら:https://www.asahiculture.jp/course/kyoto/f0967ee6-fce6-8283-5edb-6360871c5300
※WEB割料金でのお申し込みが定員に達し次第、本ページでの受付を開始いたします。

・オンライン受講を承ります。
教室受講はリンク先よりお申し込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/kyoto/7e991ab3-a724-cd31-9e9f-635baacab874

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline007@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/1/23
曜日・時間
第4週 月曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
※資料は、講座視聴リンク(ZOOM招待状)の文面にダウンロードURLを記載します。郵送でのお送りはできません。

講師詳細

市 大樹(イチ ヒロキ)
1971年愛知県生まれ。大阪大学文学部卒業後、奈良文化財研究所研究員等を経て、現在、大阪大学大学院文学研究科教授。博士(文学)。専門は日本古代史(木簡、交通、都城など)。2013年、第26回濱田青陵賞受賞。単著に、『飛鳥藤原木簡の研究』(塙書房)、『すべての道は平城京へ―古代国家の〈支配の道〉』(吉川弘文舘)、『飛鳥の木簡―古代史の新たな解明』(中公新書)、『日本古代都鄙間交通の研究』(塙書房)、共著に『古代の都』(岩波書店)など。