古代国家成立の謎をとく(6月)・1回受講 『風土記』逸文(いつぶん)からみた諸国の成立過程

『風土記』は『日本書紀』成立前に編さんの令がでた書物です。『古事記』『日本書紀』にはない独特の世界観で各地の地誌が描かれます。全国約60カ国の『風土記』が成立したようですが、良好に現存する『風土記』は5国しかありません。遺跡や発掘成果との対比を試み、地域勢力とヤマト王権の関係を検討・解説します。

『風土記』逸文(いつぶん)からみた諸国の成立過程
中世の書物などに引用された失われた諸国の『風土記』を検討します。因幡のシロウサギ伝承の意味するものは?船形埴輪と『風土記』逸文の記事からヤマト王権の外洋船は復元できるか? 国造・県主とヤマト王権との関係は?多角的な『風土記』研究を紹介します。

お申し込み
日程
2021/6/12
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
受講料には、資料代を含んでいます。
※設備費は、教室維持費です。