長崎・天草のキリシタン文化

  • 平岡 隆二(京都大学人文科学研究所准教授)
講師詳細

【人文学への誘い~京都大学人文科学研究所協力講座】
京都大学人文科学研究所は、戦前に設立された東方文化研究所、西洋文化研究所と、旧京都大学人文科学研究所が合併し、1949年に京都大学の附置研究所として設置されました。アジア、ヨーロッパ、日本の文化に関する長い研究伝統を活かし、世界文化に関する総合的研究を行うことを使命とする、国内最大級の人文科学系研究機関です。

【講座内容】
2018年、計12件の構成資産からなる「長崎・天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されました。この講座では、登録対象となった資産群はもとより、それらの成立に重要な役割を果たした16-17世紀の日欧文化交流に焦点をあてて講じます。世界史的にも稀有な信仰形態と、その幾世代にもわたる継承は、どのような社会的状況のもとで実現したのか。 関連史料・史跡の画像を豊富に紹介しながら、キリシタン信仰の成立と展開に迫りたいと思います。

お申し込み
日程
2020/10/17
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,420円 一般 2,420円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具
※設備費は、教室維持費です。
その他
・教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
・窓口でお手続きされる方は、「人文学2」のちらしをご覧ください。

講師詳細

平岡 隆二(ヒラオカ リュウジ)
大阪市出身。九州大学大学院博士課程単位取得退学、長崎歴史文化博物館主任研究員、熊本県立大学文学部准教授を経て、現職。著書に『南蛮系宇宙論の原典的研究』、『新長崎市史』(分担執筆)など。
ウェブページ hiraoka.zinbun.kyoto-u.ac.jp