【教室受講】優れた短歌、心に残る短歌
  • 教室開催

  • 吉川宏志先生
  • 記憶の椅子(中津昌子先生)
  • 中津昌子先生
  • 吉川 宏志(「塔」主宰 歌人)
  • 中津 昌子(歌人)
講師詳細

短歌を作るみなさんは、その歌を多くの人に読まれたいと願うものです。京都新聞の毎週月曜日に掲載されている「京都歌壇」。その選者である歌人の二人が、最近掲載された作品をもとに、優れた短歌、心に残る短歌について語り合います。どのような歌を選んでいるのか、自分の歌をさらに良くするにはどのように表現すればいいか、などのテーマについて、分かりやすくお話しします。新聞歌壇に投稿されている方、短歌を本格的に学びたい方にとって、とても有意義な時間になるでしょう。
(オンライン講座を併設します)

この講座は終了しました
日程
2021/6/26
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 3,850円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「文学実作120」のちらしをご覧ください。

講師詳細

吉川 宏志(ヨシカワ ヒロシ)
1969年宮崎生まれ。94年、現代短歌評論賞受賞。95年、第1歌集『青蝉』刊。(翌年、現代歌人協会賞)。2006年寺山修司短歌賞、山本健吉文学賞を受賞。2016年若山牧水賞受賞。2020年刊『石蓮花』で芸術選奨文部科学大臣賞、斎藤茂吉短歌文学賞受賞。歌誌「塔」選者を経て2015年より「塔」主宰に就任。歌集に『夜光』『海雨』『曳舟』ほか。
中津 昌子(ナカツ マサコ)
1955年京都生まれ。馬場あき子に師事。「かりん」所属。
第六回短歌現代新人賞。第二十回現代歌人集会賞。
歌集に、『風を残せり』『遊園』『夏は終はつた』『芝の雨』『むかれなかった林檎のために』『記憶の椅子』