• 見学可

エッセーを書く B
  • 教室開催

  • 横井 三保(大阪文学振興会事務局長)

エッセーを書くのに何よりも大事なのは<物の見方・考え方>です。本講座では、文章作法の能力とともに、オリエンテーションや古今東西の文学作品によって作者自身の見聞と思考の幅を広げ、相互の合評や実作指導も交えながらエッセーを書く技術を磨きます。
<カリキュラム>
①7/7  文学の鑑賞/飯田龍太『思い浮ぶこと』(中公文庫)    【第1回作品提出日】
②7/21 受講者作品の研究(1)第1回目の提出作品を合評する
③8/4  オリエンテーション「文章上達の方法」             【第2回作品提出日】
④8/18  受講者作品の研究(2)第2回目の提出作品を合評する
⑤9/1 文学の鑑賞/川端康成『古都』(新潮文庫)           【第3回作品提出日】
⑥9/15 受講者作品の研究(3)第3回目の提出作品を合評する

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

残席わずか
日程
2022/7/7, 7/21, 8/4, 8/18, 9/1, 9/15
曜日・時間
木曜 13:30~15:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,160円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
※開講日にB5判・400字詰原稿用紙を使用して2枚もしくは4枚で作品(自由題)を提出してください。
※テキストは各自書店でお求めください。購入が困難な方には、初回講座日に教室内で予約販売を承ります。
※教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
※設備費は、教室維持費です。