系外惑星 生命を宿す惑星の発見へ向けて 天文講話 宇宙の散歩道~京都大学大学院理学研究科附属天文台協力講座

  • 花山天文台本館外観
  • 佐々木 貴教(京都大学大学院理学研究科助教)
講師詳細

【講座内容】
1995年に最初の系外惑星が発見されて以来、今日までにすでに4,000個を超える系外惑星が発見され、この数年では生命を宿す可能性のある惑星も相次いで報告されています。我々人類は、いよいよ「第二の地球」について真面目に議論できる時代に突入したといえるでしょう。本講座では、系外惑星の発見の歴史や観測手法に関する簡単な解説を行うとともに、最新の観測結果について紹介をしていきます。また、多様な系外惑星の発見によっていかに人類の宇宙観・生命観が大きく変化し始めているのかについて、最新の話題を交えながら熱く語ります。生命を宿す惑星の発見へ向けて、大きな盛り上がりを見せている系外惑星の世界をお楽しみください。

<天文講話 宇宙の散歩道~京都大学大学院理学研究科附属天文台協力講座>
宇宙は古代から人々の好奇心と畏怖の念をかき立ててきました。長い歴史と伝統を持つ京都の地では、千年以上前から人々が超新星爆発やオーロラなどの天変に目を向けてきました。明月記などに記されているそれらの天変の記録は、千年紀を超えた今も天文学の研究に活用されています。本講座では最先端の宇宙研究の成果を分かりやすく紹介します。受講料の一部は、「京都大学花山天文台の将来を考える会」の天文学の教育普及活動資金として活用いたします。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2019/6/22
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,916円 一般 3,456円
持ち物など
持ち物・・・筆記用具
その他
・教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。
・窓口でお手続きされる方は、「天文講話3」のちらしをご覧ください。

講師詳細

佐々木 貴教(ササキ タカノリ)
1979年生まれ。2008年3月東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。博士(理学)。東京工業大学GCOE特任助教および特任准教授などを経て、2014年より京都大学大学院理学研究科宇宙物理学教室助教。専門は、惑星と生命の起源と進化についての理論研究。