日本古代史 万葉の時代 第四期 3/21

万葉集は日本の古代史の一大宝庫であり、そこにはさまざまな謎が秘められています。日本古代史をこの万葉集を手がかりにして考察をくわえていくことにしたいと思います。講師の先生方は、いずれもその道の権威であり、それぞれのテーマにそった興味深い話が受講生の皆様の眼前に展開されることと思います。
⑥ 3月21日 坂元 義種 京都府立大学名誉教授
  「山上臣憶良」(やまのうえのおみおくら)-その出自をめぐって
   後代に語り継ぐべき名を立てないのは空しいことだと涙を流し、悲嘆したという憶良について、とくにその出自を中心に論じてみたい。

受付一時中止
日程
2020/4/25
曜日・時間
第1週・第3週 土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円
持ち物など
教材として資料をお配りする場合は、随時実費をいただきます。


その他
受付でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学1」のちらしをご覧ください。