【教室受講】『竹取物語』を三回で味わう 物語の出来始めの物語を読む
  • 教室開催

  • 吉海 直人(同志社女子大学 特任教授)
講師詳細

平安時代に成立した『竹取物語』は、月の物語でもあります。第一回は、地上に住む翁と媼のもとにやってきた月の都の「かぐや姫」について考えてみましょう。第二回は、五人の求婚者の役割と結婚拒否について考えてみましょう。そして第三回では、月に帰る「かぐや姫」と、残された帝・翁・媼について考えてみましょう。昔話として知られている話ですが、古典との違いを含めて詳しく読みこんでいくと、今まで見えなかった世界が立ち現われてくるはずです。特に地上の論理と天上の論理のせめぎ合いには、『竹取物語』の内包する社会体制批判を読み取ることができるはずです。
(オンライン講座を併設します)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・教室受講を承ります。
オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/kyoto/82430f67-0569-940d-96f7-63638ddd702f

教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2023/1/25, 2/22, 3/22
曜日・時間
第4週 水曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
『竹取物語(全)』(角川ビギナーズ・クラシックス) 各自お買い求めください。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、「歴史・文学・芸術・科学―121」のちらしをご覧ください。

講師詳細

吉海 直人(ヨシカイ ナオト)
1953年生。國學院大學大学院博士課程後期修了。博士(文学)。現在、同志社女子大学表象文化学部特任教授。専門は平安時代の物語及び和歌文学。著書に『源氏物語入門〈桐壺巻〉を読む』(角川ソフィア文庫)、『百人一首の正体』(角川ソフィア文庫)などがある。