増設 シラケ世代の旗手、沢田研二論 『昭和・平成精神史 「終わらない戦後」と「幸せな日本人」』出版記念

  • 磯前 順一(国際日本文化研究センター教授)
講師詳細

シラケ世代の旗手、沢田研二、萩原健一、井上堯之バンドの音楽を聴きながら、1970年代の文化と社会を振り返ります。1971年に結成されたスーパー・バンドPYGに端を発する三者の交流を中心に、1960年代後半のグループサウンズの音楽が、その挫折を経て1970年代にどのように花開いたのか。私たちの青春に、そしてその後の人生にどのような影響を与えたのか。当時の音楽や映像を見ながら改めて体感しましょう。音楽と映像、沢田研二「危険な二人」「追憶」「時の過ぎゆくままに」、『悪魔のようなあいつ』『太陽を盗んだ男』、萩原健一『青春の蹉跌』『傷だらけの天使』『雨のアムステルダム』『前略おふくろ様』、井上堯之『WATER MIND』など。

追悼 ショーケン・井上堯之

※15:30の部は主に「太陽を盗んだ男」を中心に、1970年代後半の沢田研二を、萩原健一さんとの関係を踏まえて振り返ります。1971年発表のPYG版「花・太陽・雨」の他、「サムライ」、「Love 抱きしめたい」、「ヤマトから愛を込めて」などのヒット曲にも触れます。

この講座は終了しました
日程
2019/9/16
曜日・時間
月曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,240円
持ち物など
筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方は、「公開講座9」番のちらしをご覧ください。

講師詳細

磯前 順一(イソマエ ジュンイチ)
宗教学・歴史研究専攻。東京大学助手、日本女子大学助教授などを経て、現職。チュービンゲン大学、ハーバード大学、ボッフム大学、チューリヒ大学などの客員研究員も歴任。