関西変わった仏像と隠れ家ランチ 千本釈迦堂の六観音像と喜(shin)の京懐石フレンチ

  • 写真はイメージです
  • 西田 淑子(歴史紀行文作家・サクセスインサイド・コミュニケーション主宰)
講師詳細

「おかめ」発祥の寺で大根焚きで有名な千本釈迦堂(大報恩寺)。応仁の乱での火災を免れた洛中最古の建造物である本堂は国宝で、創建時のままのもの。運慶の弟子である定慶作の六観音像は、六道を輪廻し迷う衆生を救うとされ、六体が一同に安置されるのは全国に類を見ず、現在は重要文化財に指定されています。また、同じく重要文化財の快慶作の十大弟子も10体揃って安置されています。
昼食をいただく喜shinは”皿の上のアーティスト”と呼ばれる樋口伸治オーナーシェフのレストラン。金閣寺すぐそばの京町家を、そのまま活かした店です。フレンチと和食の見事な融合「ヒグチキュイジーヌ」は、芸術的にも美しい料理。お魚とお肉のメイン2品で、ちょっと贅沢な「京懐石フレンチコース」をいただきます。

お申し込み

注意事項

拝観料・昼食代を含む
11時 千本釈迦堂門前集合

日程
2019/12/5
曜日・時間
木曜 11:00~14:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 11,000円 一般 11,550円
持ち物など
筆記用具・歩きやすい服装、靴でお越しください。
その他
窓口でお手続きされる方はちらし「食文化.グルメ講座4」と集合案内をご確認ください。
11月28日以降はキャンセルできません。

講師詳細

西田 淑子(ニシダ トシコ)
シェラトン都ホテル大阪退社後、文化サロン講師、旅行専門雑誌ライター、旅行関連専門学校講師。現在は大学観光関連学部で非常勤講師、紀行文執筆。文化サロン講師時代より巡った寺社と料理店は120か所以上。