古市古墳群を巡る 祝・世界文化遺産登録 

  • 藤井寺市世界遺産登録推進室提供
  • 藤井寺市世界遺産登録推進室提供
  • 川上 惠(エッセイスト)

「傑出した歴史的価値」との高い評価を受け、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録されました。今回は藤井寺市と羽曳野市にまたがる古市古墳群を訪ねます。
東西南北4キロの間に点在する古墳群は、4世紀後半から6世紀中頃にかけて築造されたもので、前方後円墳・円墳・方墳・帆立貝形とその形も大きさもバラエティーに富んでいます。築造当時はなんと130基もありましたが、現在は45基のみとなってしまいました。そのうち26基が世界遺産に登録されました。
体積では日本一の大きさを誇る応神天皇陵、竹ノ内街道沿いには神話のヒーロー日本武尊の白鳥陵、古代の運搬具・修羅が出土した三塚古墳……。
古市古墳群には様々な貌があります。物語があります。倭の五王や河内王朝を想い描きながら、秋色の悠久の古墳群を歩きます。

1回目 土師ノ里駅から道明寺駅コース
土師ノ里駅10月10日(木)10時集合

駅舎の改札口を出ると、真ん前には皆様をお迎えすべく可憐な鍋塚古墳が蹲っています。今回は古墳銀座と呼ばれる地域から、菅原道真公ゆかりの道明寺天満宮までを歩きます。形状も大きさも様々な15基の古墳は、無口だったり、あるいは能弁だったりと、古代を今に語ります。
土師ノ里駅 → 允恭天皇陵古墳 → 鍋塚古墳 → 仲姫命陵古墳 → 古室山古墳 → 赤面山古墳 → 大鳥塚古墳 → 誉田丸山古墳 → 応神天皇陵古墳 → 東山古墳 → 誉田八幡宮 → 栗塚古墳 → 二ツ塚古墳 → 東馬塚古墳 → 三ツ塚古墳(八島塚・中山塚・助太山) → 道明寺 →
道明寺天満宮 → 道明寺駅



2回目 高鷲駅から藤井寺駅コース
高鷲駅10月24日(木)10時集合

今回のコースは古墳への道すがらに、信濃善光寺の元祖の小山善光寺や、国宝の千手観音像で知られる葛井寺の古社寺などと、ノアの箱舟を思わせるアイセルシュラホールで、重要文化財の水鳥の埴輪や古墳関係の展示品をお楽しみいただきます。
高鷲駅 → 雄略天皇陵古墳 → 津堂城山古墳と実物大の石棺(レプリカ) → 小山善光寺 → 辛國神社 → 仲哀天皇陵古墳 → 割塚古墳 → 
アイセルシュラホール → 葛井寺 → 藤井寺駅



3回目 古市駅から古市駅コース
古市駅11月14日(木)10時集合

竹ノ内街道を行くと、古代のヒーロー「ヤマトタケル」の白鳥陵、陪塚なのに陪塚を持っている墓山古墳、兄弟で天皇の座を譲り合う美しい物語を持つ仁賢天皇陵……。古市古墳群の南に位置する古墳群はロマンに満ちています。
古市駅 → 白鳥陵古墳 → 峯ヶ塚古墳 → 仁賢天皇陵古墳 → 野中古墳 → 墓山古墳 → 向墓山古墳 → 羽曳野市文化財展示室 →
西馬塚古墳 → 古市駅

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2019/10/10, 10/24, 11/14
曜日・時間
木曜 10:00~13:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,900円
持ち物など
筆記用具、雨具、水筒、歩きやすい服装・靴でご参加ください。
その他
窓口でお申込みの方は現地講座1番のちらしと集合のご案内をご確認ください。