神話世界と平安京

  • 佐々木 高弘(京都先端科学大学教授)
講師詳細

神話は世界中に存在する普遍的な物語です。その普遍的な物語が、現実の特定の場所に寄り添う時があります。それが現在の京都で、古代の平安京です。平安京は古代律令国家が考えた世界観、つまり天地創造神話と洪水神話に支えられた都でした。神話の観点から平安京を考察します。

1 日本の洪水神話(10月10日)
2 平安京の神話空間(11月14日)
3 永遠回帰の神話世界風景(12月12日)

お申し込み
日程
2019/10/10, 11/14, 12/12
曜日・時間
第2 木曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 一般 8,910円
持ち物など
筆記用具
その他
窓口でお手続きをされる方は<教養4>のチラシをご覧ください。

講師詳細

佐々木 高弘(ササキ タカヒロ)
大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、京都学園大学人文学部歴史文化学科教授。著作に『民話の地理学』『怪異の風景学』『神話の風景』『京都妖界案内』など。専門は歴史地理学。