【教室講座】定年後の居場所 ~終着駅は始発駅
  • 教室開催

  • 楠木 新(神戸松蔭女子学院大学教授)
講師詳細

定年後を「いい顔」で過ごす・・・。長い定年後をどのように過ごすかは、大きな課題であり同時にチャンスでもあります。現役の時は「○○会社の課長」と言えば、簡単に自分を説明できますが、定年後になって「自分はいったい何者か」という問いを自らに向ける人もいます。「そうだ、これが私だ」と言えるような自分なりの居場所が必要になります。それは仕事、趣味、学び、故郷、ボランティアなど人によって異なります。この講座では、そのような居場所を見つけ、定年後も「いい顔」で過ごせるためのヒントをお話しします。

この講座は終了しました
日程
2021/9/19
曜日・時間
日曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具

講師詳細

楠木 新(クスノキ アラタ)
1979年、京都大学法学部卒業後、大手生命保険会社に入社。勤務と並行して、「働く意味」をテーマに執筆・講演活動に取り組む。朝日新聞『be』にて、「こころの定年」を連載。2015年、定年退職。著書に『定年後』『左遷論』(以上、中公新書)、『人事部は見ている。』『サラリーマンは、二度会社を辞める。』(以上、日経プレミアシリーズ)など。